労働問題FAQ

労働問題ご質問一覧

Q901
業務命令としての降格に伴う賃金減額の要件を教えて下さい。
Q902
労働協約に基づいて賃金減額をする場合のポイントを教えて下さい。
Q903
労働者と合意して賃金減額をする場合のポイントを教えて下さい。
Q904
残業代算定の基礎とならない賃金(除外賃金)にはどのようなものがありますか?
Q905
どのような手当が除外賃金に当たるのか具体的に教えて下さい。
Q906
年休を取得して事業所で労働組合に加入するよう勧誘している労働者を懲戒処分することはできますか。
Q907
労使間で残業代を不支給とする合意は有効ですか。
Q908
労基法上の労働時間の考え方を教えて下さい。
Q909
手待時間について教えて下さい。
Q910
作業の準備や後片付けの時間の労働時間該当性は,どのように判断されますか。
Q911
通勤時間や職場から取引先に行くまでの時間は,労基法上の労働時間に該当しますか?
Q912
出張する際の移動時間は労基法上の労働時間に該当しますか。
Q913
研修の時間は労働時間に該当しますか。
Q914
会社が実施する健康診断の時間は労働時間に該当しますか。
Q915
持ち帰り残業の時間は労働時間に該当しますか。
Q916
退職後の競業避止義務の有効性はどのように判断されますか。
Q917
就業規則の不利益変更の合理性が肯定された裁判例を教えて下さい。
Q918
合意退職と辞職の違いを教えてください。
Q919
定年退職した労働者を再雇用した場合,有給休暇に関連して継続勤務年数をどう扱えば良いですか。
Q920
労働組合法上の使用者性を肯定した裁判例を教えてください。
Q921
店舗の店長が管理監督者に該当するか否かが問題となった裁判例を教えてください。
Q922
職務や勤務地,労働時間が限定された正社員の解雇の有効性について教えてください。
Q923
賃金を変更する方法にはどのようなものがありますか?
Q924
就業規則に定年制を新設することはできますか。
Q925
就業規則に配転の規程はあるが,労働条件通知書には記載がない場合,配転命令できますか?
Q926
配転が権利の濫用になるか否かの判断要素を教えて下さい。
Q927
不当労働行為とはどのような行為ですか?
Q928
どのような行為が不当労働行為の不利益取扱いに該当しますか?
Q929
労働者に対する債権を賃金と相殺することはできますか。
Q930
労働者による賃金債権の放棄が有効といえるための要件を教えてください。
Q931
労働組合の「正当な行為」が問題とされるケースにはどのようなものがありますか?
Q932
どのような行為が,不当労働行為として禁止されている支配介入に当たりますか?
Q933
解雇した労働者が所属する労働組合から団体交渉が申し入れられた場合,会社は拒否することはできますか?
Q934
労働契約成立前の労働者が所属する労働組合から団体交渉が申し入れられた場合,会社は拒否することはできますか?
Q935
下請企業から労働者を受け入れている場合,発注企業は団体交渉義務を負いますか。
Q936
退職後の社員に対する競業避止義務の有効性はどのように判断されますか?
Q937
週休2日のうちの1日労働した場合の休日割増賃金の考え方を教えてください。
Q938
法定休日を含む2日にまたがる勤務をした場合,割増賃金はどうなりますか?
Q939
割増賃金の計算の基礎となる「通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額」はどのように計算すればいいですか?
Q940
出来高払制(歩合給制)の「通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額」及び割増賃金はどのように計算すればいいですか?
Q941
「出来高払制その他請負制によって定められた賃金」とはどういう賃金をいいますか?
Q942
転籍を行う際のポイントを教えてください。
Q943
退職金前払制度による各月の前払退職金は,臨時に支払われた賃金に当たりますか?
Q944
労働時間について教えてください。
Q945
休日について教えてください。
Q946
所定労働時間数はどのように決める必要がありますか。
Q947
所定労働時間を週40時間,1日8時間超とすることはできますか。
Q948
実労働時間はどのようなものに基づいて認定されますか。
Q949
社員が遅刻した場合,残業代にはどのように影響しますか?
Q950
台風等の不可抗力の事態により社員が遅刻した場合,残業代にはどのように影響しますか?
Q951
定額残業代とはどういうものですか。
Q952
定額残業代として見込んだ残業時間数の残業をしなかった場合,定額残業代の支給額を減らすことはできますか。
Q953
週40時間,1日8時間を超えて労働したとしても,時間外割増賃金の支払義務が発生しないことはありますか。
Q954
変形労働時間制はどのような制度ですか
Q955
休日振替と割増賃金の関係について教えて下さい。
Q956
残業した日の翌日に残業時間分だけ早退させることで,残業代の支払を免れることはできますか。
Q957
年休を半日取得した後に,所定終業時刻後に業務を行った場合,残業代はどうなりますか。
Q958
残業代を計算・支給する際に端数を切り捨てるのは問題ありませんか。
Q959
残業しても残業代を支給しないという合意は有効ですか。
Q960
1か月単位の変形労働時間制では,どのように労働時間を定めればいいですか。
Q961
労働時間を就業規則以外で特定することはできますか。
Q962
1か月単位の変形労働時間制では,どのような時間が時間外労働に当たりますか?
Q963
1年単位の変形労働時間制が導入するための要件を教えて下さい。
Q964
1年単位の変形労働時間制で特定した労働日又は週の労働時間を,対象期間の途中で変更することはできますか。
Q965
1年単位の変形労働時間制では,どのような時間が時間外労働に当たりますか?
Q966
整理解雇する場合に検討すべき事項を教えてください。
Q967
フレックスタイム制を導入するための要件を教えて下さい。
Q968
フレックスタイム制において,総労働時間を超過した時間分を次の精算期間中の総労働時間に充当することはできますか。
Q969
フレックスタイム制では,どのような場合に残業代が発生しますか。
Q970
フレックスタイム制において,所定の総労働時間を超え,法定労働時間を超えない時間の労働時間は,残業代を支払わなければなりませんか?
Q971
フレックスタイム制では,労働者に対して特定の時間に出社するよう指示できますか。
Q972
事業場外のみなし労働時間制は,どのような場合に認められますか?
Q973
事業場外のみなし労働時間制の労働時間数はどのようにみなされますか。
Q974
1日の中で事業場外労働と事業場内労働が混在している場合,どのように労働時間を算定すればいいですか?
Q975
事業場外労働のみなし時間制において,深夜や休日に労働させた場合,残業代を支払う必要はありますか?
Q976
退職後の競業避止義務に関する規定の有効性はどのように判断されますか。
Q977
退職した元社員の競業行為を差し止めることはできますか。
Q978
競業行為をした元社員に対して損害賠償請求をする場合の損害額の考え方を教えて下さい。
Q979
就業規則を不利益な内容に変更する場合について教えてください。
Q980
労基法上の労働時間規制の適用が除外されるのはどのような労働者ですか?
Q981
管理監督者に該当するのはどのような者ですか?
Q982
管理監督者性の判断要素である「経営者と一体的な立場にある者」とはどのような者ですか?
Q983
管理監督者の賃金等の待遇について,どのような点に留意すればいいですか?
Q984
「機密の事務を取り扱う者」に当たるのはどのような者ですか?
Q985
人事考課によって賃金を引下げる場合のポイントを教えてください。
Q986
付加金とはどういうものですか?
Q987
労基法上の「労働者」に該当するかはどのようにして判断されますか。
Q988
労基法上の労働者性が否定された裁判例①を教えてください。
Q989
労基法上の労働者性が否定された裁判例②を教えてください。
Q990
事業場外労働のみなし労働時間制における「労働時間を算定し難いとき」とは,どのような場合のことをいいますか?
Q991
配転命令権の根拠にはどういうものがありますか?
Q992
配転と出向の違いを教えて下さい。
Q993
配転と転籍の違いを教えて下さい。
Q994
出向と業務処理請負の違いを教えて下さい。
Q995
出向と労働者派遣の違いを教えて下さい。
Q996
労基法上の労働者性が肯定された裁判例を教えてください。
Q997
労働組合法上の労働者とはどういうものなのかについて教えて下さい。
Q998
偽装請負とはどういうものですか?
Q999
職種限定の合意とはどういうものですか?
Q1000
職種限定の合意があると認められるのはどのような場合ですか?

弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲