労働問題FAQ

労働問題ご質問一覧

Q701
労働審判手続の申立手数料はどのように算出されますか?
Q702
労働審判手続の申立てが却下されるのはどのような場合ですか?
Q703
労働審判手続の申立てと訴訟提起を同時に行うことはできますか?
Q704
労働審判手続の第1回期日は,なぜ40日以内に指定されるのですか?
Q705
労働審判手続の第1回期日の呼出しは,どのような方法で行われますか?
Q706
労働審判手続の答弁書には,どのような事項を記載すればいいのですか?
Q707
労働審判手続の期日が変更されるのはどのような場合ですか?
Q708
労働審判事件の審理の流れを教えてください。
Q709
労働審判手続を迅速に行うために設けられている規定とはどういうものですか?
Q710
労働審判手続において,労働審判委員会はどのように資料を収集しますか?
Q711
労働審判手続における補充書面は,どのような場合に提出するのですか?
Q712
労働審判手続の期日に当事者が欠席した場合,手続の進行はどうなるのでしょうか?
Q713
労働審判手続の分離や合併は,どのような場合に行われるのですか?
Q714
労働審判手続における「審理の終結」とはどういうものですか?
Q715
労働審判手続において,当事者の死亡等により当事者が手続を続行することができない場合はどうなりますか?
Q716
労働審判事件の記録について,当事者以外の者が閲覧又は謄写の請求をすることはできますか?
Q717
労働審判手続における調停又は労働審判前の措置とはどういうものですか?
Q718
労働審判事件において,費用負担の裁判はどのような場合に行いますか?
Q719
労働審判手続において,労働審判員に支障が生じた場合どうなりますか?
Q720
労働審判手続における申立ての趣旨又は理由の変更について教えてください。
Q721
労働審判員は,労働審判事件においてどのようなことをするのですか?
Q722
労働審判員にはどのような人が任命されるのですか?
Q723
労働審判手続の期日は傍聴できますか?
Q724
労働審判事件が訴訟に移行するのはどのような場合ですか?
Q725
労働審判事件が訴訟に移行した場合には,どのようなものが訴状とみなされるのですか?
Q726
労働審判事件が訴訟に移行した時の手続の流れを教えてください。
Q727
労働審判手続に利害関係人は参加できますか?
Q728
労働審判手続の申立ての取り下げについて教えてください。
Q729
労働審判委員会が労働審判法24条により労働審判事件を終了させるのは,どのような場合ですか?
Q730
労働審判手続に参加した利害関係人は,当事者とどう違うのですか?
Q731
労働審判手続の結果として行われる「労働審判」とはどういうものですか?
Q732
労働審判に対する異議申立てを取り下げることはできますか?
Q733
労働審判の「主文」及び「理由の要旨」について教えてください。
Q734
労働審判規則2条で規定されている当事者の責務とはどういうものですか?
Q735
労働審判にはどのような効力がありますか?
Q736
労働審判が取り消されるのはどのような場合ですか?
Q737
労働審判の内容に誤りがあった場合はどうなるのですか?
Q738
労働審判に対する異議申し立てはどのように行えばいいですか?
Q739
労働審判手続において,管轄の合意は書面で行わなければなりませんか?
Q740
労働審判手続において弁護士以外を代理人にしたい場合,どのような要件を満たせばいいですか?
Q741
労働審判手続において,申立書の写し等を相手方に送付するのはなぜですか?
Q742
労働審判手続における第1回期日の呼出しと,第1回期日までに必要な準備について教えてください。
Q743
労働審判手続の答弁書に記載する事項について,具体的に教えてください。
Q744
専門業務型裁量労働制が適用されている場合の残業代の計算方法を教えて下さい。
Q745
企画業務型裁量労働制が適用されるのはどのような業務ですか?
Q746
企画業務型裁量労働制が適用される業務の具体例を教えて下さい。
Q747
賃金の時効について,民法では1年,労基法では2年と定められているようですが,どちらが適用されますか?
Q748
残業代の消滅時効の起算点を教えて下さい。
Q749
残業代の消滅時効が中断されるのはどのような場合ですか?
Q750
勤務場所限定合意があると認められるのはどのような場合ですか?
Q751
労働者からの退職の意思表示は口頭で良いですか。
Q752
新卒採用者と地位特定者(中途採用者)を解雇(能力不足)する場合の検討方法を教えてください。
Q753
配転と在籍出向の違いについて教えてください。
Q754
在籍出向と転籍の違いについて教えてください。
Q755
裁判における転勤命令の有効性の判断要素を教えて下さい。
Q756
裁判において使用者に転勤命令権があると判断されるのはどのような場合ですか?
Q757
合意解約の申込みと辞職の意思表示の違いを教えて下さい。
Q758
退職金の性質について教えて下さい。
Q759
就業規則や退職金規定に退職金に関する規定がない場合は,退職金を支払わなくていいですよね?
Q760
自己都合,会社都合などの退職事由を考慮して退職金額を決めることはできますか。
Q761
労働者に退職金を支払う義務はありますか。
Q762
出向命令の有効性はどのように判断されますか。
Q763
出向中の労働者との労働関係はどうなりますか。
Q764
出向を命じるためにはどのような規定が必要ですか。
Q765
専門業務型裁量労働制が適用されるための要件を教えて下さい。
Q766
専門業務型裁量労働制の適用があるのはどのような業務ですか?
Q767
出向者を業務命令により出向元に復帰させることはできますか?
Q768
出向者が出向元に復帰させるよう要求してきた場合,応じなければならないのでしょうか。
Q769
出向先の会社が出向してきた社員を解雇することはできますか。
Q770
出向先の会社が出向してきた社員を懲戒処分することはできますか。
Q771
残業代(割増賃金)の支払の対象となる労働時間とはどのような時間ですか?
Q772
始業時刻前の準備行為や始業時刻後の後始末の時間において,労働時間性が肯定された例及び否定された例を教えてください。
Q773
休憩・仮眠・手待時間において,労働時間性が肯定された例及び否定された例を教えてください。
Q774
始業時刻前にタイムカードを打刻した場合,打刻時間が勤務開始時間と認められてしまうのでしょうか?
Q775
タイムカード以外によって労働時間を認定した裁判例には,どのようなものがありますか?
Q776
月給制の時間単価の計算方法を教えてください。
Q777
月給制以外の時間単価の計算方法を教えてください。
Q778
労基法は残業代の割増率についてどのように定めていますか?
Q779
管理監督者性が肯定された例及び否定された例を教えてください。
Q780
就業規則に配転に関する規定を設ければ,自由に配転できますか?
Q781
配転命令の有効性に関する判断要素を教えてください。
Q782
みなし労働時間制の種類と近時の主な裁判例を教えてください。
Q783
定額残業代が適法となる要件について教えてください。
Q784
定額残業代の最近の裁判例を教えてください。
Q785
降格にはどのような種類がありますか?
Q786
降格が人事権濫用と判断されるのはどのような場合ですか?
Q787
職務資格制度・職務等級制度における降格のポイントを教えてください。
Q788
懲戒処分とはどういうものですか?
Q789
懲戒処分が法的に有効とされるために必要な懲戒処分事由該当性について,具体的に教えてください。
Q790
懲戒処分が法的に有効とされるために必要な処分の相当性について,具体的に教えてください。
Q791
懲戒処分が法的に有効とされるために必要な手続の相当性について,具体的に教えてください。
Q792
職務懈怠を理由として懲戒処分を行う場合のポイントを教えてください。
Q793
職務規律違反・不正行為を理由として懲戒処分を行う場合のポイントを教えてください。
Q794
経歴詐称を理由として懲戒処分を行う場合のポイントを教えてください。
Q795
企業内政治活動・組合活動を理由として懲戒処分を行う場合のポイントを教えてください。
Q796
勤務時間外における企業外での犯罪行為を理由として懲戒処分を行う場合のポイントを教えてください。
Q797
情報漏洩,兼業,競業行為を理由として懲戒処分を行う場合のポイントを教えてください。
Q798
労基法では,解雇予告義務・解雇予告手当についてどのように定められていますか?
Q799
労働者から解雇理由証明書の発行を請求された場合,どのように対応すればいいですか?
Q800
解雇の規制にはどのようなものがありますか?

弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲