Q955 休日振替と割増賃金の関係について教えて下さい。

 法定休日について予め振替えが行われた場合,もとの休日における労働は休日ではなくなり,振り替えられた日の労働について,残業代の支払義務は生じませんが,振り替えたことにより当該日の労働が1日8時間又は週40時間の法定労働時間を超えた場合には,時間外割増賃金を支払う必要があります。
 また,予め振り替えるべき日を特定することなく,適法な休日の振替と認められないようなものについては,後日代休を与えたとしても休日労働をさせたことには変わりませんので,休日割増賃金を支払う必要があります。


弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲