Q909 手待時間とはどのような時間ですか?

  • PDF

 手待時間とは,使用者の指示があれば直ちに作業に従事しなければならない状態にある時間であり,例えば,休憩中の電話当番,仮眠時間,トラックドライバー等の運転手の駐停車時間などがあります。手待時間は,何もしていないよう見えますが,行政解釈上でも,出勤を命じられて一定の場所に拘束されている以上労働時間であるとされています(通達昭和33年10月11日基発6286号)。
 手待時間か否かが争われた事案では,ガソリンスタンドにおいて三交代制で稼働していた社員について,1人で勤務している時間帯は,消防法上の規制から,営業時間中は常時監視員である従業員が監督に当たる必要があるとともに,顧客対応の面でも,食事中であっても顧客が来れば顧客対応を行い,また,休憩時間とされていた時間も従業員がそれぞれ異なる業務をしていたため休憩時間の自由利用ができていなかったことなどから,手待時間であると判断された裁判例があります(クアトロ事件東京地裁平成17年11月11日判決)。
 また,仮眠時間が手待時間か否か争われた事案では,仮眠中に,労働契約に基づく義務として,仮眠室における待機と警報や電話などに対して直ちに相応の対応が義務付けられており,実作業への従事がその必要が生じた場合に限られるとしても,その必要が生じることが皆無に等しいなど実質的に義務付けがなされていないと認めることができるような事情が存在しないため,仮眠時間が労働からの解放が保障されているとはいえず手待時間に当たると判断された裁判例があります(大星ビル管理事件最高裁第一小法廷平成14年2月28日判決)。


弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲