労働問題FAQ

労働問題ご質問一覧

Q801
整理解雇をするに当たっては,どのようなことを検討しなければなりませんか?
Q802
会社の解散・倒産に伴う整理解雇についても4要素を充たさなければなりませんか?
Q803
無期契約における辞職と,有期契約における辞職は,どのように違いますか?
Q804
合意退職(合意解約)とはどういうものなのかについて教えてください。
Q805
退職勧奨とはどういうものですか?
Q806
退職勧奨をした際に退職を強要したとして慰謝料請求が認められた事例には,どのようなものがありますか?
Q807
希望退職募集制度とはどういうものですか?
Q808
競業行為をめぐる紛争にはどのようなものがありますか?
Q809
在職中の従業員が競業や競業準備を行った場合,競業避止義務違反か否かはどのように判断されていますか?
Q810
退職後の競業行為が不法行為と判断される場合のポイントを教えてください。
Q811
競業行為に対し差止め請求する場合,どのようなことに留意する必要がありますか?
Q812
競業行為に対し損害賠償請求する場合,どのようなことに留意する必要がありますか?
Q813
在職中の従業員による引き抜き行為が誠実義務違反と評価されるのはどのようなケースですか?
Q814
退職後の従業員による引き抜き行為が違法と評価されるのはどのようなケースですか?
Q815
在職中及び退職後の秘密保持義務についての留意点を教えてください。
Q816
秘密保持義務と不正競争防止法の関係を教えてください。
Q817
高年法について知っておくべきポイントを教えてください。
Q818
高年法は,継続雇用制度における労働条件について規定を設けていますか?
Q819
有期労働契約の期間の上限と下限を教えてください。
Q820
有期労働契約における期間途中の解雇・解除ついてのポイントを教えてください。
Q821
雇止め法理とはどういうものですか?
Q822
有期労働契約における不更新条項や更新限度特約について,裁判例ではどのような判断がなされていますか?
Q823
短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律(パートタイム労働法)は,パートタイム労働者についてどのように定義していますか?
Q824
パートタイム労働者も,労働契約法や労働基準法などの労働関係の法律が適用されますか?
Q825
パートタイム労働者の差別的取扱いについて,法律ではどのように定められていますか?
Q826
派遣と業務請負,出向の違いを教えてください。
Q827
労働者派遣法は,派遣可能期間についてどのように定めていますか?
Q828
育児休業又は介護休業を取得した労働者の賞与を減額することはできますか?
Q829
「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」の適用対象労働者を教えて下さい。
Q830
「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」における労働時間の考え方を教えて下さい。
Q831
「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」は,労働時間の適正な把握のため使用者が講ずべき措置をどのように示していますか。
Q832
「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」で示されている,始業・終業時刻の確認及び記録の原則的な方法を教えて下さい。
Q833
「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」では,始業・終業時刻の確認及び記録を自己申告制にする場合,使用者はどのような措置を講じなければならないとされていますか。
Q834
「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」は,労働時間の記録方法等についてどのように示していますか。
Q835
移動時間は労基法上の労働時間に当たりますか。
Q836
仮眠時間は労基法上の労働時間に当たりますか。
Q837
始業時刻前の朝礼は労基法上の労働時間に当たりますか。
Q838
労働基準法9条の「労働者」と労働組合法3条の「労働者」の範囲が異なるのはなぜですか。
Q839
変形労働時間制とは,どのような制度ですか。その制度を利用するとどのようなメリットがありますか。
Q840
1か月単位の変形労働時間制の要件を教えて下さい。
Q841
1年単位の変形労働時間制の要件を教えて下さい。
Q842
法定休日と所定休日には,どのような違いがありますか。
Q843
労働者派遣法は,派遣元の講ずべき措置についてどのように定めていますか?
Q844
労働者派遣法は,派遣先の講ずべき措置についてどのように定めていますか?
Q845
振替休日と代休の違いを教えてください。
Q846
時間外労働が発生した翌日に,時間外労働に係る時間分だけ労働時間を短縮すれば,残業代を支払わなくてもいいですよね?
Q847
休日を時間単位で振り替えることはできますか。
Q848
業績が悪くても,就業規則に賞与を支給すると規定している場合は,必ず賞与を支給しなければならないのでしょうか?
Q849
賃金規程は労基署に届け出る必要がありますか。
Q850
労働者の不法行為により会社に損害が発生した場合,労働者の賃金から損害額を控除できますか。
Q851
労働者の同意があれば,労働者が壊した備品の修理代と賃金を相殺することができますか。
Q852
賃金の計算を誤り過払が生じた場合,翌月の賃金で過払分を控除して相殺することはできますか?
Q853
週1日勤務のパートタイム労働者にも有給休暇を与えなければなりませんか?
Q854
労働者に「課長」「店長」等の肩書きを付ければ,残業代を支払わなくてもいいのですか。
Q855
勤務日当日の朝に労働者が有給休暇取得を申請した場合,認めずに欠勤扱いとしてもいいのでしょうか。
Q856
退職勧奨が不法行為に当たらないようにするためには,どのような配慮をするべきですか。
Q857
退職勧奨により労働者が退職届を提出したにもかかわらず,退職の意思表示が取り消されることはありますか。取り消されることがある場合,取り消されないためにはどのような点に配慮するべきですか。
Q858
解雇予告手当の支払義務がある場合とない場合を教えてください。
Q859
普通解雇をする際,労働者に対して弁明の機会を与えた方がよいのですか。
Q860
突然行方不明になった労働者との労働契約を終了させるためには,どのような方法が考えられますか。
Q861
普通解雇の理由を後で追加することはできますか?
Q862
就業規則で普通解雇事由を定めている場合,定めた事由以外の解雇は認められないのですか?
Q863
退職後についても競業避止義務を課すことはできますか。
Q864
就業規則作成時の過半数代表者を選出する際の注意点を教えてください。
Q865
就業規則の条件を下回る労働契約を締結した場合,その労働契約は有効ですか?
Q866
就業規則を労働者に不利益に変更する場合,必ず労働者の合意を得なければならないのですか?
Q867
就業規則の周知方法を教えて下さい。
Q868
賃金に関する労基法上の原則を教えてください。
Q869
賞与支給日に退職している者には賞与を支給しないとすることに問題はありますか?
Q870
労働者が始末書を提出しない場合の対処法を教えてください。
Q871
所持品検査拒否を理由とする懲戒処分の有効性の判断基準を教えて下さい。
Q872
私傷病休職中の労働者が休職前より軽易な業務への復職を希望した場合,応じなければなりませんか。
Q873
労働者が業務時間外に刑事事件を起こした場合,懲戒処分できますか。
Q874
兼業・副業が発覚した労働者を懲戒処分することはできますか?
Q875
時間外労働をさせる場合に必要な規定を教えてください。
Q876
業務時間中に社内で労働者同士が私的な理由で喧嘩し,一方の労働者が負傷した場合,当該負傷は「業務災害」になりますか。
Q877
賃金直接払原則とはどのような原則ですか?
Q878
賃金全額払原則とはどのような原則ですか?
Q879
労働者が「退職届」という件名で退職する内容のメールを送信後,無断欠勤している場合,労働契約は終了すると考えていいですか?
Q880
従業員が10人未満の場合に就業規則を作成する必要はありますか。
Q881
就業規則に「懲戒解雇の場合,退職金は不支給とする。」と定めておけば,懲戒解雇する労働者に退職金を支給しなくてもいいですか。
Q882
労働者がインフルエンザに感染した場合の対応方法を教えてください。
Q883
出勤停止による無給は労基法91条に反しますか?
Q884
競業避止義務に反した労働者の退職金を減額する就業規則の規定は有効ですか。
Q885
割増賃金の割増率を教えて下さい。
Q886
有期労働契約において,更新回数や雇用の通算期間を就業規則等で定めておけば,継続雇用の合理的期待はないといえますよね?
Q887
就業規則に規定がなくても出張を命じることはできますか。
Q888
降格にはどのようなものがありますか?
Q889
降格をするには就業規則上の根拠が必要ですか。
Q890
職能資格制度上の資格や職務等級制度上の等級を引き下げる場合の注意点を教えて下さい。
Q891
希望退職者を募集する際の注意点を教えてください。
Q892
法人の解散に伴い解雇する場合でも,解雇権の濫用になることはありますか?
Q893
皆勤手当や無事故手当は,除外賃金である「臨時に支払われた賃金」(労基則21条4号)に該当しますか。
Q894
年俸制の賞与は,除外賃金である「1か月を超える期間ごとに支払われる賃金」に該当しますか。
Q895
労働審判手続中に会社の破産手続が開始した場合,労働審判手続は中断されますか?
Q896
労働審判手続中に会社更生手続が開始した場合,労働審判手続は中断されますか?
Q897
休憩時間を分割して与える場合の注意点を教えて下さい。
Q898
就業規則の変更により賃金を減額できるのはどのような場合ですか?
Q899
リハビリ出社とはどういうものですか?
Q900
懲戒処分として減給する際のポイントを教えて下さい。

弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲