労働問題FAQ

労働問題ご質問一覧

Q601
有期労働契約を締結する際の労働条件の明示に関して注意すべき点を教えてください。
Q602
パワハラの違法性はどのように判断されますか?
Q603
労働基準監督署は,何を基準に精神疾患の労災を認定しているのですか?
Q604
私傷病休職期間中は,賃金を支払わなければならないのでしょうか?
Q605
休職事由が消滅したか否かを判断する際の注意点を教えて下さい。
Q606
労働協約と労使協定の違いを教えてください。
Q607
有効期間の定めがない労働協約を解消することはできますか。
Q608
有期労働契約の無期労働契約への転換(無期転換ルール)について教えてください。
Q609
有期労働契約の無期労働契約への転換(無期転換ルール)の特例について教え下さい。
Q610
所定労働時間が7時間45分の会社における残業時間の計算方法を教えて下さい。
Q611
所定就業時間と所定労働時間の違いを教えてください。
Q612
法定休日と法定外休日の違いについて教えてください。
Q613
午前0時を過ぎて2暦日にわたって残業した場合の残業代の計算方法を教えてください。
Q614
36協定はなぜ締結するのか,また,どこに届け出ればいいのかについて教えてください。
Q615
36協定の延長時間について,限度はありますか?
Q616
36協定の限度時間が適用されない事業はありますか?
Q617
36協定を締結する当事者は,どのように選出すればいいですか?
Q618
当社では,36協定で定めた限度時間を超えて労働させることがありますが,問題ないでしょうか?
Q619
労働時間等設定改善委員会とはどのような委員会ですか?
Q620
残業代計算において,日給,月給制,歩合給制,年俸制の通常の賃金の時間単価はどのように計算しますか?
Q621
残業代を計算する際の割増率を教えてください。
Q622
月給制社員の,時間外割増賃金,休日割増賃金,深夜割増賃金の時間単価の具体的計算方法を教えてください。
Q623
歩合給制の労働者の残業代は,どのように計算すればいいですか?
Q624
月給制の労働者の残業代は,どのように計算すればいいですか?
Q625
固定給と歩合給,両方を支払っている場合の残業代は,どのように計算すればいいですか?
Q626
所定労働時間が7時間30分の場合の残業代計算方法を教えて下さい。
Q627
所定労働時間7時間30分で,固定給,歩合給両方を支払っている場合の残業代は,どのように計算すればいいですか?
Q628
「通常の労働時間又は労働日の賃金」とはどのような賃金のことをいうのか教えてください。
Q629
残業代請求の訴訟における「付加金」とはどういうものですか?
Q630
手待ち時間や仮眠時間は労働時間に該当しますか?
Q631
始業時刻前に出勤したり,自宅で業務を行った時間は労働時間に該当しますか?
Q632
通勤時間,出張の移動時間,直行・直帰の移動時間は労働時間に該当しますか?
Q633
自宅での待機時間や携帯電話対応時間は,労働時間に該当しますか?
Q634
準備や後片付け,着替えの時間は労働時間に該当しますか?
Q635
喫煙時間は労働時間に該当しますか?
Q636
懇親会や二次回,接待ゴルフは労働時間に該当しますか?
Q637
変形労働時間制とはどのような制度ですか?
Q638
1か月単位の変形労働時間制とはどのようなものですか?
Q639
1か月単位の変形労働時間制の規定例を教えてください。
Q640
1か月単位の変形労働時間制を導入する場合,就業規則または労使協定で定めた労働日や始業・終業時刻を使用者の都合で変更することはできますか?
Q641
1年単位の変形労働時間制とはどのようなものですか?
Q642
1年単位の変形労働時間制の就業規則規定例及び労使協定例を教えてください。
Q643
1週間単位の変形労働時間制とはどういうものですか?
Q644
1週間単位の変形労働時間制の就業規則規定例及び労使協定例を教えてください。
Q645
フレックスタイム制とはどういうものですか?
Q646
フレックスタイム制の就業規則規定例及び労使協定例を教えてください。
Q647
フレックスタイム制を採用している事業場において,清算期間中の総労働時間に過不足が生じた場合,賃金についてどのように考えればいいですか?
Q648
フレックスタイム制の時間外労働時間を計算するにあたって注意すべき点はありますか?
Q649
裁量労働のみなし時間制とはどういうものですか?
Q650
専門業務型裁量労働制と企画業務型裁量労働制にはどのような違いがありますか?
Q651
専門業務型裁量労働制の就業規則規定例及び労使協定例を教えてください。
Q652
企画業務型裁量労働制の就業規則規定例及び労使委員会の決議例を教えてください。
Q653
休憩時間の規制と就業規則規定例を教えてください。
Q654
休日についての規制と就業規則規定例を教えてください。
Q655
事業場外労働のみなし労働時間制とはどういうものですか?
Q656
事業場外労働のみなし労働時間制の就業規則規定例及び労使協定例を教えてください。
Q657
労基法上の労働時間規制の適用除外者とは,どのような社員のことをいうのですか?
Q658
労働時間規制の適用除外について,どのようなことが問題になりやすいですか?
Q659
管理監督者にも深夜割増賃金を支払う必要がありますか?
Q660
管理監督者に支払う深夜割増賃金が管理職手当の中に含まれているとすることはできますか?
Q661
定額残業代制とはどのような制度ですか?
Q662
事業場外で業務に従事していない場合でも,事業場外労働のみなし労働時間制を適用することはできますか?
Q663
事業場外労働のみなし労働時間制を適用するにあたっての注意点を教えてください。
Q664
実労働時間主義とはどういうものですか?
Q665
昭和60年から平成21年までの年間労働時間数の推移と背景を教えてください。
Q666
フレックスタイム制を採用している企業において,一時的にフレックスタイム制を解除することはできますか?
Q667
労働時間の管理について労基法では何も定めてられていないにも関わらず,なぜ使用者が労働時間を管理しなければいけないのですか?
Q668
事業場外労働のみなし時間制を採用している事業所において,事業場外で労働する労働者が,みなし規定の適用に反対し,自分で計算した時間を労働時間として認めてほしいと言ってきました。使用者は応じなければなりませんか?
Q669
事業場外労働のみなし時間制を採用している事業所のみなし適用の労働者について,全ての労働時間を所定労働時間または通常必要時間とみなすことはできますか?
Q670
専門業務型裁量労働制の適用労働者が遅刻・早退・欠勤した場合,使用者はどのような取り扱いができますか?
Q671
専門業務型裁量労働制の適用労働者が,勤務時間中に組合活動を行った場合,使用者は注意,懲戒処分,賃金カットをすることはできますか?
Q672
専門業務型裁量労働制の適用労働者が深夜・休日に労働した場合,時間の管理についてどのように考えればいいですか?
Q673
企画業務型裁量労働制が適用される「対象事業場」とは,具体的に何を指していますか?
Q674
企画業務型裁量労働制が適用される「対象業務」とは,具体的に何を指していますか?
Q675
企画業務型裁量労働制では健康・福祉確保の措置に関して労使委員会で決議する必要がありますが,それはどのような内容ですか?
Q676
休日の振替と代休の違いを教えてください。
Q677
時間外労働を命じるために必要な要件を教えてください。
Q678
時給制,日給制,週給制,月給制,請負給制における割増賃金(残業代)算定のための1時間あたりの賃金単価の計算式を教えてください。
Q679
サービス残業について厚生労働省が策定した労働時間適正把握の基準とはどういうものですか?
Q680
労働時間規制の適用が除外される「監視または断続的労働に従事する者」とはどのような労働者ですか?
Q681
チェーン店の小売業,飲食業における管理監督者の範囲を教えてください。
Q682
使用者は,管理監督者の労働時間について自由裁量を認めなければならないのでしょうか?
Q683
法定年次有給休暇と会社有給休暇の違いを教えてください。
Q684
ストライキ目的の年次有給休暇の取得は拒否することができますか?
Q685
企画業務型裁量労働制の概要を教えてください。
Q686
企画業務型裁量労働制を導入するためには,どのようなことを労働基準監督署長に届け出る必要がありますか。
Q687
企画業務型裁量労働制を導入するにあたり,労使委員会で決議すべき「対象業務」の具体的内容を教えてください。
Q688
企画業務型裁量労働制を導入するにあたり,労使委員会で決議すべき労働者の範囲及び対象労働者の労働時間として算定される時間について,具体的内容を教えてください。
Q689
企画業務型裁量労働制を導入するにあたり,労使委員会で決議すべき健康・福祉確保措置及び苦情処理措置の具体的内容を教えてください。
Q690
企画業務型裁量労働制を導入するにあたり,労使委員会で決議すべき対象労働者の同意及び厚生労働省で定める事項の具体的内容を教えてください。
Q691
労働審判制度の目的と対象を教えてください。
Q692
労働審判手続の管轄はどこですか?
Q693
労働審判手続は,弁護士以外にどのような人を代理人にすることができますか?
Q694
労働審判手続の対象となる「個別労働関係民事紛争」とはどういうものですか?
Q695
労働者の採用に関する紛争や,派遣労働者と派遣先の事業主との間に生じた紛争は,労働審判手続の対象になりますか?
Q696
労働審判手続において解決を求めるのに適した紛争とはどういうものですか?
Q697
労働審判事件が移送されるのはどのような場合ですか?
Q698
労働審判事件の代理人は,なぜ,原則,弁護士でなければならないのですか?
Q699
労働審判手続において4回目の期日が行われるのはどのような場合ですか?
Q700
労働審判手続の調書にはどのようなことが書かれますか?

弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲