Q910 作業の準備や後片付けの時間が労働時間に該当するかどうかは,どのように判断されるのですか?

  • PDF

 労働者が業務を行う前段階の入門後職場到着までの歩行や,作業服,作業靴への着替え等の準備行為は,厳密には労務提供の債務履行行為ではありませんので,それが使用者の命令下に置かれていると評価できるものでない限り,準備行為の時間を労働時間とすることはできないと考えます。しかし,準備行為等の時間が,マニュアルによる作成及び従業員に対する周知,教育指導,履践するように求める注意などが存在することによって,終業を命じられた行為であると認められる場合には,特段の事情がない限り,使用者の指揮命令下に置かれたものと判断され,労働時間と評価されると考えます。

 裁判において労働時間制が認められた事例には,
① 警備員の行為及び朝礼に関するもの(ビル代行事件東京高裁平成17年7月20日判決)
② 駅務員の点呼及び出勤点呼後点呼場所から勤務開始場所までの移動時間に関するもの(東京急行電鉄事件東京地裁平成14年2月28日判決)
③ 会社の車両に置いてある駐車場兼資材置き場において会社車両への資材の積み込み,作業についての親方の指示待ちをしていた準備作業の時間,現場から駐車場兼資材置き場に戻っての後片付けの作業時間に関するもの(総設事件東京地裁平成20年2月22日判決)
④ 実作業に当たり作業服及び防護具等の装着が義務付けられ,それを事業所内の所定の更衣室等で行うこととされており,就業規則所定の始業時刻前後に装着作業を行った場合の当該時間に関するもの(三菱重工長崎造船所事件最高裁第一小法廷平成12年3月9日判決)
はあります。

 他方で,労働時間性が否定された事例として,
① 実作業の終了後に事業所内の施設において洗身などを行った時間について,実作業終了後に事業所内の施設において洗身などを行うことは義務付けられておらず,洗身などを行わなければ通勤が困難なども事情もないことから,使用者の指揮命令下に置かれていたとは評価できず,労働時間には該当しないと判断したもの(三菱重工長崎造船所事件最高裁第一小法廷平成12年3月9日判決)
② 着替えの時間や更衣室から作業場への移動時間のような労務提供の準備行為の時間が労働時間に当たるかどうかは,就業規則の定めがあればその定めに従い,なければ職場慣行によって決すべきであるところ,始業時刻の時点で入門後に設置されたタイムカードに打刻し,職場への歩行中であったとしても,始業時刻に職場の作業が開始されることが労使慣行になっていたなどの状況下では,職場への歩行時間は労働時間ではないとして,労働時間制を否定したもの(日野自動車工業事件最高裁第一小法廷昭和59年10月18日判決,原審東京高裁昭和56年7月16日判決)
があります。


弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲