Q996 労基法上の労働者性が肯定された裁判例を教えてください。

  • PDF

 関西医科大学研修医事件(最高裁平成17年6月3日判決)は,平成10年から関西医科大学に研修医として勤務を始めた研修医A氏が,同年8月16日に急性心筋梗塞症にて亡くなったことに基づき,遺族から関西医科大学に対して,過労死の損害賠償請求を求めた事案です。裁判では,研修医A氏が労働者か否かについて争われ,大阪地裁,大阪高裁に続いて,最高裁判決でも研修医A氏の労働者性が認められました。

 研修医A氏が受けていた臨床研修の概要は,次のとおりです。
(1) 午前7時30分頃から入院患者の採血を行い,午前8時30分頃から入院患者に対する点滴を行っていた。
(2) 午前9時から午後1時30分ないし午後2時まで,一般外来患者の検査の予約,採血の指示を行って,診察を補助していた。問診や点滴を行い,処方箋の作成を行うほか,検査などを見学していた。
(3) 午後は専門外来患者の診察を見学するとともに,一般外来の場合と同様に診察を補助していた。火曜日及び水曜日には,手術を見学することもあった。
(4) 午後4時30分頃から午後6時頃まで,カルテを見たり,文献を読んだりして,自己研修を行っていた。
(5) 午後6時30分頃から入院患者に対する点滴を行っていた。
(6) 午後7時以降は入院患者に対する処置を補助することがあった。指導医が不在の場合や指導医の許可がある場合には,単独で処置を行うこともあった。
(7) 指導医が当直をする場合には,翌朝まで病院内で待機し,副直をしていた。
 また,本件の病院は,B氏の臨床研修期間中,B氏に対して奨学金として月6万円及び副直手当として1回あたり1万円を支払っており,病院はこれらの金員につき所得税法28条1項所定の給与等に当たるものとして源泉徴収を行っていました。


弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲