Q915 持ち帰り残業の時間は労働時間に該当しますか?

  • PDF

 労働者の私的な生活の場である家庭で行われる持ち帰り残業は,使用者の指揮命令下に置かれているとはいえません,原則として労働時間には該当しません。使用者が持ち帰り残業を命じた場合であっても,労働者はこれに応じる義務はありませんので,直ちに労働時間性が認められるものではありません。持ち帰り残業が労働時間と認められるのは,使用者からの業務の遂行を指示され,これを承諾し,私生活上の行為と峻別して労務を提供して業務を処理したような例外的な場合に限られると考えます。


弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲