Q947 所定労働時間を1日8時間又は週40時間を超えた時間とすることはできますか?

 労働基準法32条では,1日の労働時間を8時間に制限しており,法令により例外とされた場合でない限り,所定労働時間が8時間を超える就業規則,労使協定等は,その効力が認められず,就業規則,労使協定等の内容の如何に関わらず,1日の所定労働時時間の上限は8時間となります。
 「法令により例外とされた場合」とは,
・ 労働者が労働基準法41条に定められた労働時間規制の適用除外者
・ 土地の耕作もしくは開墾又は植物の栽植,栽培,採取もしくは伐採の事業その他農林の事業(ただし林業を除く。)
・ 動物の飼育又は水産動植物の採捕もしくは養殖の事業その他畜産,養蚕又は水産の事業
に該当する労働者です。
 また,一定の事業にかかるものであって,常時10人未満の労働者を使用している場合は,1週間について44時間,1日について8時間まで労働させることができます。対象となる事業は,
・ 物品の販売,配給,保管もしくは賃貸又は理容の事業
・ 映画の製作又は映写,演劇その他興行の事業(ただし映画の製作の事業を除く。)
・ 病者又は虚弱者の治療,看護その他保健衛生の事業
・ 旅館,料理店,飲食店,接客業又は娯楽場の事業
です。


弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲