労働問題927 不当労働行為とはどのような行為ですか?

 労働組合法は、使用者による労働組合や労働者に対する特定の行為を禁止し、違反があった場合には「労働委員会」という公労使の3者で構成される行政委員会による特別な救済制度を設けています。この労働組合法(7条)で禁止されている行為を「不当労働行為」といい、次の3類型に大別されます。
 ①労働者の組合活動等を理由とする不利益取り扱い、黄犬契約
 ②団体交渉の不当な拒否、不誠実な対応
 ③労働組合への支配加入、経費援助

 ①、③については、例えば、労働組合委員長の活動を嫌忌した使用者が、組合活動を弱体化させる意図で、委員長を他所に配置転換したような場合等が該当します。また、組合が、委員長の配転に関する団体交渉を求めたにもかかわらず、使用者がこれを拒否したり、団体交渉の場で、配転の必要性や合理性についての説明を十分に行わない場合には、義務的団交事項に関する団交拒否として、②の問題が発生し、③に該当する可能性も生じることになります。

弁護士法人四谷麹町法律事務所
勤務弁護士作成


YOTSUYA-KOJIMACHI LAW OFFICE

K-WING Bldg. 7F
5-2 Kojimachi, Chiyoda-ku,
Tokyo 102-0083 JAPAN
TEL. +81-03-3221-7137

Copyright ©I solve the labor problems such as the issue of lawyer corporation Yotsuya Kojimachi law office employee, discharge, the retirement trouble, overtime pay request, a labor umpire, group negotiations with company management's lawyer. I cope with online consultation. All Rights Reserved.

弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町6丁目2番6
 PMO麹町2階(受付3階)
TEL:03-3221-7137

Copyright ©会社経営者の代弁者・問題社員対応弁護士・オンライン相談|労働問題は弁護士法人四谷麹町法律事務所 All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲