Q870 けん責処分にした労働者が始末書を提出しない場合の対応を教えてください。

 謝罪や反省を強制することはできませんので,始末書を提出しない労働者に対して,業務命令という形で提出を強要することや不提出を理由として不利益的な取扱いをすることはできないと解されています。
 しかし,謝罪の趣旨や反省の弁を求めるものではなく,純粋に事実経過について報告を求める性質の書面であれば,個人の意思の自由とはかかわりは無くなります。
 労働者は雇用契約における信義則上の義務として,労働提供の過程で企業に損害を及ぼすことのないようにする義務を負うことから,企業運営上の支障となるような行為をした場合,当事者としてその具体的内容や事情についての調査に応じ,報告する義務があるものと解されますので,業務命令として事実報告を求めることを検討することになります。
 労働者に書面を提出してもらう際は,始末書との混同を避けるため,報告書や顛末書といった形式にするべきです。


弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲