Q857 退職勧奨により労働者がした退職の意思表示が取り消されることはありますか。

  • PDF

 労働者が自ら署名押印のある退職届を提出して退職の意思表示をした場合であっても,その意思表示が錯誤や脅迫に基づいてなされた場合には,退職の意思表示が取り消される可能性があります。
 後になって退職の意思表示の有効性が問題とならないようにするためには,退職勧奨の際に,事実に反する情報を伝えたり,強引に退職届に署名押印をさせたりしないようにする必要があります。

弁護士法人四谷麹町法律事務所
弁護士 飯島 潤


弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲