Q852 賃金の計算を誤り過払が生じた場合,翌月の賃金で過払分を控除して相殺することはできますか?

 労基法上,賃金全額払の原則が定められているため,当然に,翌月の賃金から控除できるわけではありません。調整的相殺ができるかは最高裁が定立した要件に基づいて判断する必要があります。
 最高裁は,調整的相殺は,その行使の時期,方法,金額等からみて労働者の経済生活の安定との関係上不当と認められないものであれば,賃金全額払原則に反しないとし,そのためには,過不足が生じた時期と相殺の時期が賃金の精算調整たる実を失わない程度に接着していること,その額が多額にわたらない等,労働者の経済生活の安定を脅かすおそれのないことが必要であると述べています(福島県教組事件:最高裁昭和44年12月18日判決)。
 過払の相殺が認められたケースとして,勤勉手当940円の過払があり,それから1カ月余り後に労働者に返還を求め,これに応じないときは翌月分の給与から減額する旨通知し,過払の3か月後に支給される賃金2万2960円から過払分940円を控除した事案があります(福島県教組事件:最高裁昭和44年12月18日判決)。
 過払の相殺が認められなかったケースとして,10月及び12月分の給与から1か月分の給与の約3.8%~約27.3%相当の過払分を翌年3月分の給与で相殺控除した事案について,相殺が遅れた原因に特別な事情がないことを前提として,相殺は許されないと判断された事案があります(群馬県教組事件:最高裁昭和45年10月30日判決)。


弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲