Q886 有期労働契約における継続雇用の合理的期待の有無はどのように判断されますか。

  • PDF

 有期労働契約は,更新の合意をしない限り期間満了時に終了するのが原則です。
 しかし,「継続雇用に対する合理的期待」が認められる労働者から更新申込があった場合,使用者がこの申込を拒絶するためには,客観的に合理的な理由及び社会通念上相当であることが必要です。これらが認められない場合には,使用者の更新拒絶は無効になり,使用者は従前と同一内容で申込を承諾したものとみなされます(労契法19条)。
 継続雇用の合理的期待の有無は,
・有期労働契約を締結した目的
 例えば,雇用調整のため,勤務形態を正社員と異なる労働者を活用するため
・業務の内容
 例えば,業務内容が臨時的,季節的なものか,採用手続・担当業務・雇用管理の点で正社員と異なるか,
・当事者の態度・言動
 例えば,使用者が更新を期待させるような発言をしていないか
・更新の手続
 例えば,更新手続を厳格にしているか,長期間にわたって更新が繰り返されていないか,更新上限または不更新の合意があったか
といった事情を総合的に考慮して判断します。

弁護士法人四谷麹町法律事務所
弁護士 飯島 潤


弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲