Q722 労働審判員にはどのような人が任命されるのですか?

 労働審判員は,労働関係に関する専門的な知識経験を有する者のうちから,最高裁判所が任命します(労働審判法9条2項,労働審判員規則1条)。この「労働関係に関する専門的な知識経験」とは,労働者又は使用者の立場で個別紛争の処理等に実際に携わった経験及びその経験等を通じて身に付けた個別労働紛争についての実情や慣行,制度等の知識をいいます。
 労働審判員は,労働審判事件ごとに,当該事件が係属する裁判所が指定しますが,この指定に当たって,裁判所は,労働審判員の有する知識経験その他の事情を総合的に勘案し,労働審判委員会における労働審判員の構成について適正を確保するように配慮しなければならないとされています(労働審判法10条)。
 なお,労働審判員の指定は,裁判所に裁量が委ねられていますので,当事者は,これに対し不服を申し立てることができません。


弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲