Q723 労働審判手続の期日は傍聴できますか?

 労働審判手続は非公開とされていますが,労働審判委員会が相当と認める場合には,労働審判期日の傍聴を許可することができます(労働審判法16条)。
 一般的には,事情をよく知る会社の担当者等,労働審判手続において参考人となるような場合に傍聴が許可されることが多い印象です。他にも,新任の労働審判員や司法修習生等の研さんのため必要がある場合にも,傍聴が許可されるであろうと考えます。
 傍聴が許可されないケースとしては,傍聴を許可することで当事者が本音を話せなくなるおそれがあるときや,労働審判委員会の柔軟な手続の進行に影響をおよぼすおそれがあるときなどが考えられます。
 なお,傍聴の許否は,労働審判委員会に裁量が委ねられていますので,当事者は,これに対し,不服を申し立てることができないと考えます。


弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲