Q756 裁判において使用者に転勤命令権があると判断されるのはどのような場合ですか?

 裁判において使用者に転勤命令権があると判断されるのは,労働契約締結時に転勤命令に従う旨の誓約書に労働者が署名押印していたり,就業規則または労働協約で転勤命令に関する規定を設けているような場合です。
 また,全国各地に多くの支店や出張所があり,実際に多くの労働者が慣行的に転勤しているような場合や,労働契約締結時に勤務場所特定の合意がなされていない場合についても,労働者の個別合意がなく転勤を命じることができる場合があります。


弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲