労働問題FAQカテゴリ「解雇」

労働問題61
採用面接時に能力が低い応募者だということが判明した場合であっても、雇用確保に貢献し、就職できない応募者にチャンスを与える意味で採用し、試用期間中の勤務状況から役に立つ人材と判断できたら本採用拒否せずに雇い続けるというやり方をどう思いますか?
労働問題1013
出向中における出向元と出向先の権限分配について教えて下さい。
労働問題1005
就業規則を作成する際の留意点を教えてください。
労働問題1004
労働者を雇い入れる際に、労働者にどのような事項を通知する必要がありますか。
労働問題986
付加金とはどういうものですか?
労働問題982
管理監督者性の判断要素である「経営者と一体的な立場にある者」とはどのような者ですか?
労働問題966
整理解雇する場合に検討すべき事項を教えてください。
労働問題933
解雇した労働者が所属する労働組合から団体交渉が申し入れられた場合,労働契約関係が終了していることを理由に団体交渉を拒否できますか?
労働問題924
就業規則に定年の定めがない場合、60歳を過ぎた期間の定めのない労働者に辞めてもらうにはどうしたら良いですか?
労働問題922
職務や勤務地、労働時間が限定された正社員の解雇の有効性について教えてください。
労働問題919
定年退職した労働者を再雇用した場合、継続勤務年数との関係で有給休暇取得日数をどう扱えば良いですか。
労働問題892
法人の解散に伴い解雇する場合でも、解雇権の濫用になることはありますか?
労働問題881
就業規則に「懲戒解雇の場合、退職金は不支給とする。」と定めておけば、懲戒解雇する労働者に退職金を支給しなくてもいいですか。
労働問題862
就業規則で普通解雇事由を定めている場合、定めた事由以外の解雇は認められないのですか?
労働問題861
普通解雇の理由を後で追加することはできますか?
労働問題860
突然行方不明になった労働者との労働契約を終了させるためには、どのような方法が考えられますか。
労働問題859
普通解雇をする際、労働者に対して弁明の機会を与えた方がよいのですか。
労働問題858
解雇予告手当の支払義務がある場合とない場合を教えてください。
労働問題857
退職勧奨により労働者が退職届を提出したにもかかわらず、退職の意思表示が取り消されることはありますか。取り消されることがある場合,取り消されないためにはどのような点に配慮するべきですか。
労働問題822
有期労働契約における不更新条項や更新限度特約について,裁判例ではどのような判断がなされていますか?

労働問題FAQカテゴリ


YOTSUYA-KOJIMACHI LAW OFFICE

K-WING Bldg. 7F
5-2 Kojimachi, Chiyoda-ku,
Tokyo 102-0083 JAPAN
TEL. +81-03-3221-7137

Copyright ©I solve the labor problems such as the issue of lawyer corporation Yotsuya Kojimachi law office employee, discharge, the retirement trouble, overtime pay request, a labor umpire, group negotiations with company management's lawyer. I cope with online consultation. All Rights Reserved.

弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町6丁目2番6
 PMO麹町2階(受付3階)
TEL:03-3221-7137

Copyright ©問題社員対応弁護士、オンライン経営労働相談|弁護士法人四谷麹町法律事務所 All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲