労働問題FAQカテゴリ「懲戒処分」

労働問題1013
出向中における出向元と出向先の権限分配について教えて下さい。
労働問題966
整理解雇する場合に検討すべき事項を教えてください。
労働問題931
労働組合の「正当な行為」が問題とされるケースにはどのようなものがありますか?
労働問題923
賃金を変更する方法にはどのようなものがありますか?
労働問題906
年休を取得して事業所で労働組合に加入するよう勧誘している労働者を懲戒処分することはできますか。
労働問題901
業務命令としての降格に伴う賃金減額の要件を教えて下さい。
労働問題900
懲戒処分として減給する際のポイントを教えて下さい。
労働問題889
降格をするには就業規則上の根拠が必要ですか。
労働問題888
降格にはどのようなものがありますか?
労働問題881
就業規則に「懲戒解雇の場合、退職金は不支給とする。」と定めておけば、懲戒解雇する労働者に退職金を支給しなくてもいいですか。
労働問題880
従業員が10人未満の場合に就業規則を作成する必要はありますか。
労働問題874
兼業・副業が発覚した労働者を懲戒処分することはできますか?
労働問題873
労働者が業務時間外に刑事事件を起こした場合、懲戒処分できますか。
労働問題871
所持品検査拒否を理由とする懲戒処分の有効性の判断基準を教えて下さい。
労働問題797
情報漏洩、兼業、競業行為を理由として懲戒処分を行う場合のポイントを教えてください。
労働問題796
勤務時間外における企業外での犯罪行為を理由として懲戒処分を行う場合のポイントを教えてください。
労働問題795
企業内政治活動・組合活動を理由として懲戒処分を行う場合のポイントを教えてください。
労働問題794
経歴詐称を理由として懲戒処分を行う場合のポイントを教えてください。
労働問題793
職務規律違反・不正行為を理由として懲戒処分を行う場合のポイントを教えてください。
労働問題792
職務懈怠を理由として懲戒処分を行う場合のポイントを教えてください。

労働問題FAQカテゴリ


YOTSUYA-KOJIMACHI LAW OFFICE

K-WING Bldg. 7F
5-2 Kojimachi, Chiyoda-ku,
Tokyo 102-0083 JAPAN
TEL. +81-03-3221-7137

Copyright ©I solve the labor problems such as the issue of lawyer corporation Yotsuya Kojimachi law office employee, discharge, the retirement trouble, overtime pay request, a labor umpire, group negotiations with company management's lawyer. I cope with online consultation. All Rights Reserved.

弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町6丁目2番6
 PMO麹町2階(受付3階)
TEL:03-3221-7137

Copyright ©問題社員対応弁護士、オンライン経営労働相談|弁護士法人四谷麹町法律事務所 All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲