労働問題FAQカテゴリ「賃金減額(減給)」

労働問題985
人事考課によって賃金を引き下げる場合のポイントを教えてください。
労働問題979
就業規則を不利益な内容に変更する場合について教えてください。
労働問題952
労働者と定額残業代(みなし残業代)の合意をしたものの、予想したほど残業しなかった場合、当該賃金計算期間の定額残業代を減額することはできますか?
労働問題930
労働者による賃金債権の放棄が有効といえるための要件を教えてください。
労働問題929
労働者に対する債権を賃金と相殺することはできますか。
労働問題923
賃金を変更する方法にはどのようなものがありますか?
労働問題906
年休を取得して事業所で労働組合に加入するよう勧誘している労働者を懲戒処分することはできますか。
労働問題903
労働者と合意して賃金減額をする場合のポイントを教えて下さい。
労働問題902
労働協約に基づいて賃金減額をする場合のポイントを教えて下さい。
労働問題901
業務命令としての降格に伴う賃金減額の要件を教えて下さい。
労働問題900
懲戒処分として減給する際のポイントを教えて下さい。
労働問題898
就業規則の変更により賃金を減額できるのはどのような場合ですか?
労働問題890
職能資格制度上の資格や職務等級制度上の等級を引き下げる場合の注意点を教えて下さい。
労働問題884
競業避止義務に反した労働者の退職金を減額する就業規則の規定は有効ですか。
労働問題883
出勤停止による無給は労基法91条に反しますか?
労働問題869
賞与支給日に退職している者には賞与を支給しないとすることに問題はありますか?
労働問題868
賃金に関する労基法上の原則を教えてください。
労働問題852
賃金の計算を誤り過払が生じた場合、翌月の賃金で過払分を控除して相殺することはできますか?
労働問題851
労働者の同意があれば、労働者が壊した備品の修理代と賃金を相殺することができますか。
労働問題850
労働者の不法行為により会社に損害が発生した場合、労働者の賃金から損害額を控除できますか。

労働問題FAQカテゴリ


YOTSUYA-KOJIMACHI LAW OFFICE

K-WING Bldg. 7F
5-2 Kojimachi, Chiyoda-ku,
Tokyo 102-0083 JAPAN
TEL. +81-03-3221-7137

Copyright ©I solve the labor problems such as the issue of lawyer corporation Yotsuya Kojimachi law office employee, discharge, the retirement trouble, overtime pay request, a labor umpire, group negotiations with company management's lawyer. I cope with online consultation. All Rights Reserved.

弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町6丁目2番6
 PMO麹町2階(受付3階)
TEL:03-3221-7137

Copyright ©問題社員対応弁護士、オンライン経営労働相談|弁護士法人四谷麹町法律事務所 All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲