労働問題FAQカテゴリ「退職勧奨」

労働問題1009
「不当な動機・目的」に該当するのはどのような場合ですか?
労働問題857
退職勧奨により労働者が退職届を提出したにもかかわらず、退職の意思表示が取り消されることはありますか。取り消されることがある場合,取り消されないためにはどのような点に配慮するべきですか。
労働問題856
退職勧奨が不法行為に当たらないようにするためには、どのような配慮をするべきですか。
労働問題806
退職勧奨をした際に退職を強要したとして慰謝料請求が認められた事例には,どのようなものがありますか?
労働問題805
退職勧奨とはどういうものですか?
労働問題804
合意退職(合意解約)とはどういうものなのかについて教えてください。
労働問題801
整理解雇をするに当たっては、どのようなことを検討しなければなりませんか?
労働問題786
降格が人事権濫用と判断されるのはどのような場合ですか?
労働問題62
退職勧奨したら解雇してほしいと言う。
労働問題56
企業秘密を他社に漏えいする。
労働問題53
同僚に嫌がらせをする。
労働問題683
法定年次有給休暇と会社有給休暇の違いを教えてください。
労働問題46
試用期間中の社員の能力が低い。
労働問題549
退職勧奨が違法と判断されるのはどのような場合ですか?
労働問題548
退職勧奨と希望退職者の募集の共通点と相違点を教えてください。
労働問題526
退職勧奨の際に「本来であれば懲戒解雇だが、退職願を提出してもらえれば自主退職として処理する」と言うことに問題はありますか。
労働問題509
ジョブ型雇用とは、どのようなものですか?
労働問題399
②解雇、休職期間満了退職無効を理由とした地位確認請求の内容はどのようなものですか。
労働問題349
残業代(割増賃金)込みの賃金ということで社員全員が納得しており、誰からも文句が出ていないのですから、別途残業代(割増賃金)を支払わなくてもいいのではないですか。
労働問題40
解雇していないのに出社しなくなった社員が解雇されたと主張する。

労働問題FAQカテゴリ


YOTSUYA-KOJIMACHI LAW OFFICE

K-WING Bldg. 7F
5-2 Kojimachi, Chiyoda-ku,
Tokyo 102-0083 JAPAN
TEL. +81-03-3221-7137

Copyright ©I solve the labor problems such as the issue of lawyer corporation Yotsuya Kojimachi law office employee, discharge, the retirement trouble, overtime pay request, a labor umpire, group negotiations with company management's lawyer. I cope with online consultation. All Rights Reserved.

弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町6丁目2番6
 PMO麹町2階(受付3階)
TEL:03-3221-7137

Copyright ©問題社員対応弁護士、オンライン経営労働相談|弁護士法人四谷麹町法律事務所 All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲