労働問題FAQカテゴリ「問題社員(モンスター社員)」

労働問題
会社経営者の皆様、労働問題のトラブルでお悩みではありませんか?
労働問題870
労働者が始末書を提出しない場合の対処法を教えてください。
労働問題860
突然行方不明になった労働者との労働契約を終了させるためには、どのような方法が考えられますか。
労働問題53
同僚に嫌がらせをする。
労働問題51
遅刻・欠勤を繰り返す。
労働問題49
経歴を詐称した。
労働問題576
退職予定の社員が在職中に競業の準備を行っていた場合,競業避止義務違反になりますか?
労働問題533
能力不足を理由に解雇したい場合,どのような点に着目して検討すればいいですか。
労働問題503
最近読んだ本に「社員を信じて仕事を任せれば上手く行く」と書かれていたのですが、仕事を任せるのが不安な社員にまで仕事を任せていいものでしょうか。
労働問題500
社員が生き生きと働くことができ、労使紛争が起きにくく、万が一労働問題に関する訴訟を提起された場合でも勝てるようにするためには、どういったイメージで労務管理を行えばよろしいでしょうか。
労働問題490
問題を起こした社員の給料を6か月に渡り10%減給する懲戒処分をすることはできますか。
労働問題334
不必要な残業を止めて帰宅するよう口頭で注意しても社員が帰宅しない場合の対応を教えて下さい。
労働問題45
有期契約労働者が正社員と同じ待遇を要求する。
労働問題44
不採用通知に抗議する。
労働問題42
自律的な判断ができず指示された仕事しかしない。
労働問題41
再雇用後の賃金が定年退職前よりも下がることにクレームをつける。
労働問題39
飲み会で部下に飲酒を強要する。
労働問題38
部下に過大なノルマを課したり仕事を干したりする。
労働問題37
ソーシャルメディアに問題映像を投稿する。
労働問題36
ホウレンソウ(報・連・相)ができない。

労働問題FAQカテゴリ


YOTSUYA-KOJIMACHI LAW OFFICE

K-WING Bldg. 7F
5-2 Kojimachi, Chiyoda-ku,
Tokyo 102-0083 JAPAN
TEL. +81-03-3221-7137

Copyright ©I solve the labor problems such as the issue of lawyer corporation Yotsuya Kojimachi law office employee, discharge, the retirement trouble, overtime pay request, a labor umpire, group negotiations with company management's lawyer. I cope with online consultation. All Rights Reserved.

弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町6丁目2番6
 PMO麹町2階(受付3階)
TEL:03-3221-7137

Copyright ©問題社員対応弁護士、オンライン経営労働相談|弁護士法人四谷麹町法律事務所 All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲