Q503 最近読んだ本に「社員を信じて仕事を任せれば上手く行く」と書かれていたのですが,仕事を任せるのが不安な社員にまで仕事を任せていいものでしょうか。

 「社員を信じて仕事を任せたのに裏切られた。」と嘆いている会社経営者は,珍しくありません。それほど能力が高いわけでもなく,信頼しているわけでもない社員に仕事を任せていることがことのほか多いのも,そういった事案の特徴です。「どうして,大して能力が高くないことも,信頼できるわけでもないことも分かっていたのに,そんなに大事な仕事を任せたのですか?」と質問すると,最初は「性善説で考えていました。」といった抽象的な説明が多いのですが,じっくり話し合っているうちに,本当の理由が判明してきます。会社経営者が自分の頭で考えてから結論を出していれば,上手く行っても,上手く行かなくても,結果が想定の範囲内に収まっていたはずの事例がほとんどです。
 物事にはプラスの面とマイナスの面があります。「~をすれば上手く行く」といった単純化した提案は,手軽に「コツ」をマスターしたい読者に本をできるだけたくさん売るためのキャッチコピーとしては優れていますが,読者の思考停止につながりかねない側面があり,読者の利益ために書かれた本というより,出版社と著者の利益のために書かれた本なのではないかと疑いたくなることすらあります。会社経営者は会社経営の重要な責任を負っているのですから,本に書いてあることをそのまま真に受けるのではなく,自分の頭で考えてから結論を出すのが,会社経営者に相応しい態度だと思います。
 言うまでもないことですが,「社員を信じて仕事を任せれば上手く行く」とは限りません。仕事を任せるかどうかは,基本的には,その社員を一定程度フォローするなどすれば上手く行く仕事かどうかを判断して決めて下さい。上手く行く可能性が低くても仕事を任せるのは,社員に経験を積ませることを目的しているような場合や,他に選択肢がない場合などに限定されると思います。
 「仕事を任せるのが不安な社員」とのことですが,どうして仕事を任せるのが不安なのでしょうか。その仕事を任せるには,能力が不十分なのでしょうか。それとも,他に何か理由があるのでしょうか。まずは,仕事を任せるのが不安な理由を分析して下さい。その上で,仕事を任せていいかどうか,判断することになります。
 重要なのは,仕事を任せるかどうかを判断するのは,会社経営者又は会社経営者から判断を委ねられている管理職の「仕事」だということです。「仕事」なのですから,しっかり行わなければなりません。判断が正しかったのかどうかは,事後的にも検証して,絶えずマネジメント能力のレベルアップを図りましょう。会社経営者や管理職が,部下を信じて任せたのだから自分に責任はないといった発想を持つようになると,トラブルが起きるのは時間の問題です。

弁護士法人四谷麹町法律事務所
代表弁護士 藤田 進太郎


弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲