労働問題FAQカテゴリ「雇い止め」

労働問題822
有期労働契約における不更新条項や更新限度特約について,裁判例ではどのような判断がなされていますか?
労働問題821
雇止め法理とはどういうものですか?
労働問題819
有期労働契約の期間の上限と下限を教えてください。
労働問題59
定年後再雇用者が契約不更新に納得しない。
労働問題58
定年後の再雇用を求める。
労働問題57
雇い止めに納得しない。
労働問題694
労働審判手続の対象となる「個別労働関係民事紛争」とはどういうものですか?
労働問題527
一般的に、労働契約が終了する原因にはどのようなものがありますか?
労働問題409
紛争調整委員会が労働局長の委任を受けて行うあっせんには、どのような特徴がありますか。
労働問題390
民法536条2項の適用を排除し平均賃金の60%の休業手当のみを支払う旨就業規則や労働契約に定めた場合には、平均賃金の60%の休業手当を支払えば足りますか。
労働問題199
定年退職者を再雇用した場合の雇用期間を1年とすることはできますか。
労働問題26
会社の業績が悪いのに賃金減額に同意しない。
労働問題180
有期労働契約者の雇止めに労契法19条が適用された場合、雇止め制限の判断基準は正社員の解雇の判断基準と同じですか。
労働問題179
有期労働契約関係の実態を評価する際には、どのような要素に着目すべきですか。
労働問題178
有期労働契約の類型には、どのようなものがありますか。
労働問題177
労契法19条の適用により雇止めが制限された場合、どのような法律効果が生じるのですか。
労働問題18
有期契約労働者を契約期間満了で雇止めしたところ、雇止めは無効だと主張してくる。
労働問題175
労契法19条の「更新の申込み」や「締結の申込み」があったといえるためには、どの程度のものが必要ですか。
労働問題174
労契法19条で、有期労働契約者による有期労働契約の更新または締結の申込みが新たに要件として規定されたのは、どうしてですか。
労働問題173
労契法19条2号では、更新に対する合理的期待の判断時期が「当該有期労働契約の契約期間の満了時」であると規定されましたが、従来の雇止め法理と異なる解釈がなされると思いますか。

労働問題FAQカテゴリ


YOTSUYA-KOJIMACHI LAW OFFICE

K-WING Bldg. 7F
5-2 Kojimachi, Chiyoda-ku,
Tokyo 102-0083 JAPAN
TEL. +81-03-3221-7137

Copyright ©I solve the labor problems such as the issue of lawyer corporation Yotsuya Kojimachi law office employee, discharge, the retirement trouble, overtime pay request, a labor umpire, group negotiations with company management's lawyer. I cope with online consultation. All Rights Reserved.

弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町6丁目2番6
 PMO麹町2階(受付3階)
TEL:03-3221-7137

Copyright ©問題社員対応弁護士、オンライン経営労働相談|弁護士法人四谷麹町法律事務所 All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲