ワード:「みなし残業」

労働者と定額残業代(みなし残業代)の合意をしたものの,予想したほど残業しなかった場合,当該賃金計算期間の定額残業代を減額することはできますか?

 定額残業代(みなし残業代)は,労働者が全く残業しなかったとしても定額で残業を支払う制度です。実際に行われた残業時間に基づいて計算した残業代の額が定額残業代(みなし残業代)に満たなかったとしても,当該賃金計算期間の定額残業代(みなし残業代)を減額することはできません。
 定額残業代(みなし残業代)を合意するメリットは,予め残業が予想される場合に,一定時間までの残業時間に対する残業代に……

定額残業代(みなし残業代)とはどういうものですか?

 定額残業代(みなし残業代)とは,毎月決まった金額を見込みの残業代として,実際の残業の有無にかかわらず一定に支給する制度のことをいいます。
 労基法が残業代について使用者に命じているのは,時間外・休日・深夜労働に対し,労基法の基準を満たす一定額以上の割増賃金を支払うことですから,その要件を満たしていれば,労基法所定の計算方法をそのまま用いなくても問題ありません。
 定額……

定額残業代の最近の裁判例を教えてください。

1.X社事件東京高裁平成28年1月27日判決
 36協定の延長限度額に関する基準において上限とされる月45時間を大幅に超える業務手当を残業代の支払として認めました(上告棄却・不受理)。 2.アクティリンク事件東京地裁平成24年8月28日判決
 周知されている賃金規定上「時間外労働割増賃金で月30時間相当分として支給する」と定められている「営業手当」について,「固定残業……

定額残業代(みなし残業代)が割増賃金(残業代)の支払として認められるためのポイントを教えて下さい。

 定額残業代(みなし残業代)が割増賃金(残業代)の支払として認められるためには,
① 定額残業代(みなし残業代)とそうでない部分とが明確に区分されていること(明確区分性)
② 割増賃金(残業代)の対価という趣旨で支払われていること(対価性)
が認められる必要があります。  明確区分性の有無について,割増賃金(残業代)の種類及び時間数を決めた上で,当該時間……

残業代込みの給料(固定残業代・みなし残業)であることに納得して入社したにもかかわらず残業代の請求をしてくる。

1 はじめに
 「残業代込みの給料(固定残業代・みなし残業)であることは,入社時に説明し,納得してもらって入社したのに,残業代を請求された。」
そう嘆いている会社経営者の方を何人も見てきました。どうして,こんなことになってしまったのでしょうか。 2 残業代の支払義務
 労基法では,1日8時間,週40時間を超えて働かせた場合は,時間外割増賃金を支払わなけれ……

弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲