秘書ブログ

代表弁護士藤田進太郎の執筆書籍のご案内です。
――――――――――――――――――――
「最新 労働者派遣法の詳解 」

chosaku40
 平成27年の労働者派遣法の改正では,政令26業務と称される業種規制による派遣期間の取扱いを廃止し,「個人で3年」「事業所で3年」とし,派遣元とその派遣労働者との派遣労働契約が無期の場合については派遣可能期間の適用を除外するなど,画期的な改正が行われました。このような大幅に揺れ動く法律の本質に鑑み,本書では,「労働者派遣制度とは何か」との基本論と,日本経済社会における本制度の活用上の問題点及びその実務への対応をまとめています。

 
共著,労務行政(平成29年3月25日発売)

その他の著作はこちら

代表弁護士藤田進太郎の執筆書籍のご案内です。

――――――――――――――――――――

「変化する雇用社会における人事権 ~配転、出向、降格、懲戒処分等の現代的再考~」

chosaku39

 日本的雇用慣行の特殊性とされている「企業の人事権」は,最近の企業社会の変化,新しい問題や人事権の権利濫用をめぐる考え方,多様な雇用形態における適用関係の新展開といった,多面的な把握と検討が必要となってきています。
 本書では,変化する雇用社会,現代的な労働契約関係における「人事権」のあり方について,Q&A形式で解説しています。

共著,労働開発研究会(平成29年3月25日発売)

その他の著作はこちら

本日,代表弁護士藤田進太郎が,日経ビジネス主催の『職場を悩ます”困った社員”への対処法』と題するセミナーを行いました。

2017.02.20
日時:平成29年2月20日(月)14:00~17:00
場所:エッサム神田ホール2号館
   東京都千代田区内神田3-24-5
講題:『職場を悩ます”困った社員”への対処法』
内容:1.欠勤・遅刻・早退が極端に多い社員への対処法
2.各種ハラスメントへの対処法
3.会社の金銭等を着服・横領,不正取得する社員への対処法
4.注意指導すると解雇しろと要求してくる社員への対処法 等
受講料:32,000円(一般)
主催:日経ビジネス

代表弁護士藤田進太郎の執筆書籍発行のお知らせ

――――――――――――――――――――

「自由と正義」2017年2月号 日本弁護士連合会発行

chosaku38

「労働審判制度施行からの10年と今後の展望について」

 労働審判制度は,平成18年4月から施行され,今年で満10年が経過します。代表藤田進太郎が所属している労働法制委員会では,これまで,労働審判制度の設計から施行後の運用状況に関する調査・検討といった活動を積極的に推進してきました。本誌では,施行10年という節目の年に,これまでの施行状況を概観し,今後を展望するとともに,現場での取組みや課題について紹介しています。

その他の著作はこちら

2017.01.11

植物の成長

年末年始で観葉植物の業者さんが1か月くらい来ていないのですが,そのおかげで植物の葉の入れ替わりがよく見えるようになりました。
新しい葉のために,2,3日に1回のペースで,いらない葉数枚を黄色く染め,落とします。植物自身が「これと,これ。」と選んでいるようです。

img_6553
業者さんが定期的に来るとこうなる前に取ってくださるので,普段はなかなか見られません。

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲