本日行われる代表弁護士藤田進太郎の講演をご案内いたします。

日時:平成29年11月15日(水)18:00~20:00
場所:弁護士会館2階講堂クレオBC
   東京都千代田区霞が関1丁目1番3号
講題:使用者側からみた残業代請求について
内容
1.はじめに
2.使用者側弁護士が残業代請求の対応に関わる場面
3.未払残業代の計算・残業代請求の対応
4.残業代不払が生じやすい労働時間管理・賃金制度の是正
5.おわりに
主催:東京弁護士会

本日行われる,代表弁護士藤田進太郎の講演をご案内いたします。

日時:平成29年9月25日(月)14:00~17:00
場所:エッサム神田ホール2号館
   東京都千代田区内神田3-24-5
講題:職場を悩ます”困った社員”への対処法
主催:日経ビジネス
受講料:32,000円(一般)

講題:職場を悩ます”困った社員”への対処法
内容:1.欠勤・遅刻・早退が極端に多い社員への対処法
2.言動が乱暴で指導に従わない社員への対処法
3.電子メールやFacebook等で会社や上司を誹謗中傷する社員への対処法
4.注意指導するとパワハラだと騒ぎ立てる社員への対処法
5.セクハラ・パワハラ・マタハラを繰り返す社員への対処法
6.会社の金銭・所有物を着服・横領したり出張旅費や通勤手当を不正取得する社員への対処法
7.人事異動に応じない社員への対処法
8.向上心が乏しい社員や能力が極端に低い社員への対処法
9.精神疾患を隠して入社したが精神疾患が再発して働けなくなった社員への対処法
10.注意指導したところ立腹して出て行ったまま出勤しなくなった社員への対処法
11.残業する必要がないのに残業して残業代を請求する社員への対処法
12.定年前と比べて賃金が低いことや定年前と担当業務が異なることに抗議する定年後再雇用した嘱託社員への対処法

 

 

トップページをリニューアルしました。

「労働経済判例速報」に代表弁護士藤田進太郎の判例解説「日雇派遣・日々職業紹介と損害賠償請求」が掲載されました。(日本経営団体連合会,2017年9月20日号)
PDFで紙面をご覧いただくことができます。

 

問題社員FAQを改訂しました。
PDFでもご覧いただけます。

Q1.協調性がない。
Q2.
遅刻や無断欠勤が多い。

 

 

 


弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲