Q552 休日の振替について,労働者の同意の要否と振替のメリットを教えてください。

 休日の振替をするためには以下の①~③の要件を満たす必要があり,労働者の同意は不要です。
 ①就業規則の定めがあること
 例えば,「休日は,業務都合上やむをえない事由のある場合は,全部または一部の者について他の日に振替えることがある」等の規定が必要です。
 ②振り替えた結果,毎週1日の休日(または4週4日)を与えるという労基法の規定に反しないこと
 ③実際に休日労働がなされる前に振替日を特定すること
 適法に休日の振替がされると,もともと法定休日だった日の労働に対しては,休日割増賃金(35%以上)を支払う必要がなくなります。
 なお,休日の振替と区別すべきものとして,代休の付与(事後的に休日を与えること)があります。代休を付与する場合は休日労働に該当しますので,休日割増賃金(35%以上)を支払わなければなりません。

弁護士法人四谷麹町法律事務所
弁護士 飯島 潤


弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲