労働問題552 休日の振替について,労働者の同意の要否と振替のメリットを教えてください。

 休日の振替をするためには以下の①~③の要件を満たす必要があり,労働者の同意は不要です。
 ①就業規則の定めがあること
 例えば,「休日は,業務都合上やむをえない事由のある場合は,全部または一部の者について他の日に振替えることがある」等の規定が必要です。
 ②振り替えた結果,毎週1日の休日(または4週4日)を与えるという労基法の規定に反しないこと
 ③実際に休日労働がなされる前に振替日を特定すること
 適法に休日の振替がされると,もともと法定休日だった日の労働に対しては,休日割増賃金(35%以上)を支払う必要がなくなります。
 なお,休日の振替と区別すべきものとして,代休の付与(事後的に休日を与えること)があります。代休を付与する場合は休日労働に該当しますので,休日割増賃金(35%以上)を支払わなければなりません。

弁護士法人四谷麹町法律事務所
勤務弁護士作成

労働問題FAQカテゴリ


YOTSUYA-KOJIMACHI LAW OFFICE

K-WING Bldg. 7F
5-2 Kojimachi, Chiyoda-ku,
Tokyo 102-0083 JAPAN
TEL. +81-03-3221-7137

Copyright ©I solve the labor problems such as the issue of lawyer corporation Yotsuya Kojimachi law office employee, discharge, the retirement trouble, overtime pay request, a labor umpire, group negotiations with company management's lawyer. I cope with online consultation. All Rights Reserved.

弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町6丁目2番6
 PMO麹町2階(受付3階)
TEL:03-3221-7137

Copyright ©会社経営者の代弁者・問題社員対応弁護士・オンライン相談|労働問題は弁護士法人四谷麹町法律事務所 All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲