労働問題520 36協定の時間外労働の上限時間に関する基準を教えてください。

 36協定では,①1日,②1日を超え3か月以内の一定期間,③1年間のそれぞれにおける時間外労働の上限時間を定めなければなりません。
 ②1日を超え3か月以内の一定期間及び③1年間の上限時間については,時間外労働の限度に関する基準(平成10年12月2日労告154号)が定められており,1週間15時間,2週間27時間,4週間43時間,1か月45時間,2か月81時間,3か月120時間,1年間360時間となっています。ただし,この告示では「特別条項付きの36協定」を締結すれば,限度時間を超える時間を延長時間とすることができるとされています。

弁護士法人四谷麹町法律事務所
勤務弁護士作成


YOTSUYA-KOJIMACHI LAW OFFICE

K-WING Bldg. 7F
5-2 Kojimachi, Chiyoda-ku,
Tokyo 102-0083 JAPAN
TEL. +81-03-3221-7137

Copyright ©I solve the labor problems such as the issue of lawyer corporation Yotsuya Kojimachi law office employee, discharge, the retirement trouble, overtime pay request, a labor umpire, group negotiations with company management's lawyer. I cope with online consultation. All Rights Reserved.

弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所 問題社員、解雇・退職トラブル、残業代請求、労働審判、団体交渉等の労働問題を会社経営者側弁護士と解決。オンライン相談に対応。 All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲