Q516 定額残業代を支払う場合,どのようにすれば良いですか。

  • PDF

 定額残業代が割増賃金の支払として有効と認められるためには,
①定額残業代とそうでない部分とが明確に区分されていること(明確区分性)
②割増賃金の対価という趣旨で支払われていること(対価性)
が認められる必要があります。

 明確区分性の有無について,割増賃金の種類及び時間数を決めた上で,当該時間数の対価がいくらになるのか(通常1円単位になるはずです。)を明示するのが望ましいです。これらの事項を労働契約書,就業規則などに明示して穂必要があります。
 当該労働者が定額残業代で定めた時間数を超えて時間外労働をしていた場合には,その超えた時間分の残業代を支払う必要がありますので,毎月時間外労働時間を確認して清算をするのが望ましいです。
 定額残業代が割増賃金の支払と認めらない場合,定額残業代としていた金額は基礎賃金に含まれ,かつ,割増賃金は支払っていないということになり,改めで支払わなければならなくなります。

弁護士法人四谷麹町法律事務所
弁護士 飯島 潤


弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲