Q512 1年単位の変形労働時間制を導入するための要件を教えてください。

1年単位の変形労働時間制を導入するための要件は,
① 労使協定で次の各事項を定めること
 (1) 対象労働者の範囲
 (2) 対象期間および起算日
 (3) 特定期間
 (4) 労働日および労働日ごとの労働時間
 (5) 法定労働時間の総枠内であること
 (6) 有効期間
② 労使協定を労働基準監督署長に届け出ること
③ 就業規則に1年単位の変形労働時間制の定めをおくこと
です。
 ②の労使協定の所轄労働基準監督署長に対する届出は,労使協定の効力発生要件とはされていないので,上記要件を怠ったとしても,変形労働時間制の定め自体は有効ではありますが,罰則があります。

弁護士法人四谷麹町法律事務所
弁護士 飯島 潤


弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲