労働問題460 「③報酬の労務対価性」の有無を判断する際には,どのような事情を考慮する必要がありますか。

 以下のような事情がある場合に,報酬の労務対価性が肯定的に解されるものと考えるのが一般的です。ただし,これらの事情がない場合でも直ちに報酬の労務対価性が否定されるものではありません(『労使関係法研究会報告書』)。

○報酬の労務対価性
 ・ 相手方の労務供給者に対する評価に応じた報奨金等,仕事の完成に対する報酬とは異なる要素が加味されている。
 ・ 時間外手当や休日手当に類するものが支払われている。
 ・ 報酬が業務量や時間に基づいて算出されている(ただし,出来高給であっても直ちに報酬の労務対価性は否定されない。)。
○報酬の性格
 ・ 一定額の支払いが保証されている。
 ・ 報酬が一定期日に,定期的に支払われている。

弁護士法人四谷麹町法律事務所
代表弁護士 藤田 進太郎


YOTSUYA-KOJIMACHI LAW OFFICE

K-WING Bldg. 7F
5-2 Kojimachi, Chiyoda-ku,
Tokyo 102-0083 JAPAN
TEL. +81-03-3221-7137

Copyright ©I solve the labor problems such as the issue of lawyer corporation Yotsuya Kojimachi law office employee, discharge, the retirement trouble, overtime pay request, a labor umpire, group negotiations with company management's lawyer. I cope with online consultation. All Rights Reserved.

弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所 問題社員、解雇・退職トラブル、残業代請求、労働審判、団体交渉等の労働問題を会社経営者側弁護士と解決。オンライン相談に対応。 All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲