Q228 小規模事業場の労働時間の特例が適用される事業場では,週44時間を超えて労働させなければ,残業代(時間外割増賃金)を支払わなくてもいいのですか。

 小規模事業場の労働時間の特例が適用される事業場では,1週間につき44時間を超えて働かせた時間についてだけ残業代(時間外割増賃金)を払えばよく,1日8時間を超えて働かせても残業代(時間外割増賃金)を支払わなくてもよいと誤解されていることがありますが,小規模事業場の労働時間の特例は,週当たりの40時間の労働時間規制を緩和するものに過ぎません。
 小規模事業場の労働時間の特例が適用される事業場であっても,1日当たりの労働時間は8時間が上限とされていますので,1日8時間を超えて働かせた場合には時間外労働となり,残業代(時間外割増賃金)の支払が必要となります。


弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲