Q189 継続雇用制度の対象者となる高年齢者に係る基準を定めた労使協定を労働基準監督署に届け出る必要がありますか。

 継続雇用制度の対象者となる高年齢者に係る基準を定めた労使協定を労働基準監督署に届け出ることを義務付ける規定はありませんので,届け出る必要はありません。
 ただし,基準が私法上の効力を生じるためには,就業規則に規定して周知させる等して労働契約の内容としておく必要がありますし,継続雇用制度の対象者に係る基準は「退職に関する事項」(労基法89条3号)に該当し,届出が義務付けられていますから,基準を設けた場合は,就業規則に規定して,就業規則の変更を労働基準監督署に届ける必要があります。


弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲