労働問題583 休憩時間に関し労基法にはどのような定めがありますか。

 労働時間が6時間を超える場合は少なくとも45分,8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与える必要があります(労基法34条1項)。
 休憩時間は一斉付与が原則ですが,例外的に事業場単位で労使協定をした場合や,農漁業・諸種のサービス業など業務の性質上一斉休憩が困難な種類の業種の場合には,一斉付与の適用が除外されます(労基法40条,41条)。
 休憩時間は労働者の自由に利用させる必要があります(労基法34条3項)。
 休憩時間を与えるタイミングは,労働時間の途中であればどの段階でもよく,休憩時間の分割付与も可能です。

弁護士法人四谷麹町法律事務所
勤務弁護士作成


YOTSUYA-KOJIMACHI LAW OFFICE

K-WING Bldg. 7F
5-2 Kojimachi, Chiyoda-ku,
Tokyo 102-0083 JAPAN
TEL. +81-03-3221-7137

Copyright ©I solve the labor problems such as the issue of lawyer corporation Yotsuya Kojimachi law office employee, discharge, the retirement trouble, overtime pay request, a labor umpire, group negotiations with company management's lawyer. I cope with online consultation. All Rights Reserved.

弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町6丁目2番6
 PMO麹町2階(受付3階)
TEL:03-3221-7137

Copyright ©会社経営者の代弁者・問題社員対応弁護士・オンライン相談|労働問題は弁護士法人四谷麹町法律事務所 All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲