Q566 不当労働行為とはどのような行為を言いますか。

 不当労働行為は,労組法7条に定められており,使用者が労働組合や労働者に対して,①労働者の組合活動等を理由とする不利益取り扱い,黄犬契約,②団体交渉の不当な拒否,不誠実な対応,③労働組合への支配加入,経費援助をすることを言います。
 使用者による不当労働行為があった場合には公労使の3者で構成される労働委員会において労働者の救済の有無を検討します。


弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲