講演・著作

  • 講演

飲食店経営者のための労働問題相談セミナー

日時:2013年9月24日(火)
場所:東京都新宿区内藤町87 四谷地域センター
講題:飲食店経営者のための労働問題相談セミナー
主催:弁護士法人四谷麹町法律事務所

  • 講演

中小企業における労働問題の実務 ~メンタルヘルスの視点を踏まえて~

日時:2013年9月4日(水)17:50~20:50
場所:東京都新宿区本塩町9−3 東京司法書士会
講題:中小企業における労働問題の実務 ~メンタルヘルスの視点を踏まえて~
主催:東京司法書士会
2013年度企業法務研修会第1回

  • 講演

パワハラと業務命令の境界線

日時:2013年7月26日(金)15:00~17:00
場所:東京都中央区日本橋茅場町1丁目5−8 東京証券会館
講題:パワハラと業務命令の境界線
主催:東京経営者協会
第411回証券懇話会月例会

  • 著作

あんしんビジネス相談所 トラブルの多い社員を解雇することはできる?

「あんしんLife」vol.494 財団法人中小企業災害補償共済福祉財団発行

  • 著作

改正高年齢者雇用安定法の実務上の留意点

「労政時報」第3844号 労務行政発行

 企業に対して65歳までの雇用確保措置の導入を義務付けるなどの改正高年齢者雇用安定法が,4月1日から施行されました。従来は,短期間での法改正対応が企業に求められましたが,今後は,改正された労働契約法や労働者派遣法も視野に入れた運用・対応が必要になってきます。
 本書では,制度設計を見直した後のステップとして,今後の運用で抑えておくべきポイントについて解説しています。

  • 著作

日本航空事件・東京地裁平成23年10月31日判決

経営法曹第176号

 後に正社員に雇用形態を切り替えることを念頭に置かれた契約社員(客室乗務員)の雇止めについて解雇権濫用法理の適用が否定され,同法理の類推適用の問題として処理された上で,雇止めの有効性が肯定されたものの,上司の退職勧奨を趣旨とする言動が社会通念上相当と認められる範囲を逸脱した違法な退職勧奨と認定された例です。

  • 著作

実務コンメンタール 労働基準法・労働契約法

編集協力者,労務行政研究所編(2013年3月27日出版)

 「平成22年版 労働基準法」(労働法コンメンタール)をベースに,日常業務でよく使う事項に絞ってさらに内容を吟味し,読みやすくした特別普及版です。
 労働契約法の解説,100を超えるQ&Aを収録した“実務で使える”逐条解説です。

  • 著作

改正労働契約法の詳解

共著,第一東京弁護士会労働法制委員会編,労働調査会(2013年2月28日出版)

 2013年4月1日に施行される改正労働契約法により,「5年を超えて」有期労働契約を継続した場合,有期契約労働者は,無期契約労働者へ転換することが可能になりました。
 本改正により,新たな就業規則の作成の必要性等,多くの実務上の対応が求められます。本書は,Q&Aを用いて,本改正の内容と問題点,企業の実務上の対応策について,網羅的に詳解しています。

  • 講演

中小企業における労働問題の実務

日時:2013年1月21日(月)17:50~20:50
場所:東京都新宿区本塩町9−3 日司連ホール
講題:中小企業における労働問題の実務
主催:企業法務研究会

  • 著作

Q&A職場のメンタルヘルス -企業の責任と留意点-

共著,三協法規出版(2013年1月20日出版)

 近年,メンタルヘルス不調を理由とする長期欠勤や傷病休職者が増加傾向にあり,企業にとって看過できない問題となっています。
 本書では,労働法の観点から,裁判例等も踏まえ,企業の責任,私傷病休職制度の設計・運用,解雇・退職を含む人事管理上の留意点等を取り上げ,63のQ&A形式で解説しています。


弁護士法人四谷麹町法律事務所

〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目2番地 
K-WINGビル7階 TEL:03-3221-7137

Copyright ©弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,残業代請求,労働審判,団体交渉,問題社員などの労働問題の対応,相談 All Rights Reserved.
  • 会社経営者のための残業代請求対応
  • 会社経営者のための労働審判対応
Return to Top ▲Return to Top ▲