» 辞めてもらうしかないくらい問題のある社員であっても,今さら,注意,指導,警告が必要でしょうか?
Q8 辞めてもらうしかないくらい問題のある社員であっても,今さら,注意,指導,警告が必要でしょうか?

 これから解雇を検討しようという場合には,改善の余地がないと会社が勝手に思い込んでいるだけではないかと思われないようにするためにも,余程のことがない限り,解雇に先立ち,十分な注意,指導,警告をし,反省の機会を与えるべきです。
 もっとも,十分な注意,指導,警告をしないまま既に解雇してしまっている場合には,注意等をしても本人に改善の見込みがなかったと主張していくしかないかもしれません。

gototop
Copyright(C)2010 弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,退職勧奨,残業代,労働問題,団体交渉,労働審判,問題社員の対応,相談.All Rights Reserved.
space
Return to Top ▲Return to Top ▲