» 解雇する場合の注意点,よくある失敗はどのようなものですか?
Q6 解雇する場合の注意点,よくある失敗はどのようなものですか?

 漠然と,会社が解雇を有効と判断すべき事情が多いように思えた場合であっても,解雇しても大丈夫だとは直ちにはいえない点です。
 勤務成績,勤務態度等が不良であるというためには,その評価を基礎づける「具体的事実」を立証できなければなりませんが,「仕事ができない。」「勤務態度に問題がある。」「協調性がない。」といった抽象的な説明しかできない事例が散見されます。
 解雇されてもやむを得ないと考えられるような具体的事実を説明できないようでは,大した理由もないのに,何となく気に入らないから解雇しただけなのではないかとの疑いを払拭することができなくなってしまいますので,最低限,どこがどのように問題なのか,その評価を基礎づける具体的事実を説明できるようにしておく必要があります。

gototop
Copyright(C)2010 弁護士法人四谷麹町法律事務所(東京)|解雇,退職勧奨,残業代,労働問題,団体交渉,労働審判,問題社員の対応,相談.All Rights Reserved.
space
Return to Top ▲Return to Top ▲